精密調整シム

banner

解説

航空機産業で使用されたのがこのシステムの歴史の始まりですが、
現在ではすべての産業で使用されています。

主な用途

航空機産業・・・飛行機、ヘリコプターのセルエレメントの組み立て、
ヘリコプターのローターシム、コマンド調整等
軍事産業・・・砲塔装用のシム、タンクのピニオンシム
伝動部品・・・ベアリング用シム・シャフトの調整、ギヤー、
モーターポンプ関係部品の調整
精密機器・・・計測器の目盛り、ジャイロスコープのバランス
光学機器・・・光学レンズの焦点距離の調整
電気・・・エレクトロマグネットスタンプの調整
切削・・・シャーリング、プレス、旋盤の調整
※上記はほんの一部で他の用途も種々考えられます。

実際の使用用途

モーターとポンプの水平調整

※厚み・形状・寸法、ご要望を受けての製作も可能です。
ご相談下さい。

(c) 2014 TSK Inc.